動画の進化や面白さ

昔は動画を撮ろうとするとかなりの大きなビデオカメラを用意したり、重たいカメラを持ち運ぶなど大変な労力が必要でした。
お子様の成長を残しておきたい運動会の際など、ビデオカメラを充電し、大きなバッグに入れて持ち運ぶという光景は多く見受けられました。
撮った動画はビデオテープという形で記録されているので、テープの保存状態に気を配ったり、ビデオがかさばるという悩みも付き物でした。 しかし、現代はそんなことをしなくても手軽にデジタルカメラやスマートフォンから動画を撮影することが出来るのです。
動画は昔と比べると格段にどんな人でも撮りやすくなったと思いますし、データとしてハードディスクやSDカードやメモリなどに簡単に記録できる時代になっているので、管理をするのにも場所を取ったりしないのが嬉しいと思います。
テレビで録画をするにあたっても、昔はビデオレコーダーで大きなビデオを使って動画を残していたのですが、最近はブルーレイディスクやDVDなど薄い円盤で記録できるので場所を取らずに動画を残しておくことも出来ます。
また、撮った動画はメールで送ったり、動画投稿サイトにアップロードをして手軽に他人や親しい人へ見てもらえて感想を集められる時代なので、動画を撮る楽しみも増えました。

PageTop